環境パイル工法とは?

環境パイル工法とは、木で家を支える「地盤改良」のひとつで
「蟻食いしない」「腐らない」ように処理を行った材料を使用しております。
全国で20,000棟以上の実績がある第三者認定工法です。

環境パイル工法とは、木材で家を支える「環境にやさしい地盤改良工法」です。
高品質な防腐防蟻処理を実現することで、「腐食しない」「蟻害しない」高耐久性を実現しました。
古来からある伝統工法ですが、支持力機構を明らかにすることで、第三者認証を取得しております。

4つの特長

4つの特長

工法の特徴

4つの特長

環境パイルS工法は杭の支持力+地盤の支持力で住宅を支えますが、環境パイル工法は杭の支持力で住宅を支える工法です。
強度があまり無い地盤の土地に最適です。セメントや鉄を用いた地盤改良を木材に置換することにより、
1棟当たりのCO2を約10t削減でき、施工材料による六価クロム等の環境汚染の心配もありません。
また、地場の木材も利用できるので地産地消への貢献が可能です。

環境パイルS工法とは?

環境パイル工法と環境パイルS工法の違いとは?

もっと詳しく知りたい方は「よくある質問 Q&A」